*

仕掛ける瞬間

とうとう仕かける時という状況では事前調査を横着してはいけません。

 

売買を行う前であれば、相場を落ち着いて見ることが出来ます。

 

ところが、売買の内部へ立ち入ってしまうとどうしても見え方が客観性を欠くものになり重要な時に正しい判断が分からなくなる可能性があります。

 

それゆえに自身の精神が合理的な段階で間違いない事前準備をしておくことが大切です。

http://gaerito.seesaa.net/

この"j事前準備"のためには、まずは己の台本を考える事から開始します。

 

今からのこの通貨はこうなってああなるから米ドルを買う(あるいは売る)みたいな脚本を書いていきます。

 

次は日足チャートをチェックする事です。

 

今までの為替レートの上げ下げを見定めて、現時点の値段を調べます。

 

そうしたら、「高すぎる場面だ」など、または「今となっては多数の投資家の方々が仕かけているから、この後大急ぎで買い(または売り)してももはや手遅れだな」ということが理解できます。

 

言うまでも無くもう売り(または買い)するが遅すぎるなと考えたら手を出さないで、この状況ではすっぱりと諦めることが大切です。

 

どうやってもあなたのシナリオを押し通そうとして無理やり売買すると、相場に押し返されてしまいそればかりか損害を受けることになる可能性があります。

 

ただたいがいの場面で、緻密な自身のストーリー展開を作っていると、取引が遅すぎるという具合にはならないだろう。

 

現実に市場が変化する前のはずだから。

 

次は、当面は自身が注文しようと考えている通貨の変化をきちんと確認する事が大事です。

 

もしも、ドル高が進むと予想する脚本を記したのであれば、ドル円の上げ下げに注目しておくことだ。

 

外国為替相場の上げ下げを注目し始めたときでは該当の外貨は目立って変動する気配を見せることはなくわずかな変化を繰り返しているだけだろう。

 

でも、その推移をじっと注目しているとあるポイントでじりじりと円安の方向へと外国為替市場が動き始めます。

 

このチャンスでいよいよ、ドル買いのエントリーします。

 

ここまで注意深く準備を進めておけば、その取引で稼げる可能性はぐっと大きくなるはずです。

 

次の記事も読んでね!!

  1. 仕掛ける瞬間
  2. テスト


コメントする