*

プラスとマイナス

FX投資初心者の方が市場の勘所を押さえるには、まず初めに取引経験を積んでいく事が大事です。

 

特に、前もってリスクを避けれるようになるためには、間違いを積み重ねることも経験のひとつ。

 

無論、失敗するといっても決定的なミスをする事は出来ません。

 

やり直しが効く損を何回か経験することが、結論として己のレベルを上げてくれます。

 

この考えではとりあえずは少ない資金で投資して、これで何回か簡単な負けを経験することが重要です。

 

一例として、100万円だけしか投資する事が出来ない方が、いきなり全部賭けてエントリーするとミスした時、今後再起できなくなってしまうリスクがあります。

 

そのため、仮に10分の1ずつトレードを行ない、これで売ったり買ったりを積み重ねた方が、マイナスを補う方法なども身についていくはずである。

 

まず少額資金でエントリーする事の良いところは、前述したように、自分自身の取引経験を増やしマイナスを制御する手段を学習していく事にありますが合わせて、トレードの回数を重ねる事で、不確実性を減らせるというメリットもあります。

 

たとえば、1回だけの取引で利益を上げられる可能性が二分の一だとします。

 

同じく5割の確率でマイナスになる危険性もあるということになります。

 

勝率50%ということは半々の割合で勝てることを現しています。

 

だが、全部の投資資金をつぎ込んでただ1回の取引をするということは勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。

 

そのままではただの丁半バクチと同じです。

 

結局のところ、全ての財産を投資して1回こっきりの取引をしないと、その分だけ大損する危険性が大きくなります。

 

これを避けるために、投資するお金を全てつぎ込むのではなく、何度かに分けて機会を増やす事がリスク分散となる。

 

ただ少しずつに分割しても、全てのトレードで儲ける事は必須ではありません。

 

正確に言うと、勝てないのが現実だ。

 

売買で必要なのは勝ち負けの回数ではなく、どのくらい儲けるかである。

 

勝ち負けが同じでも、例えば勝率3割でもプラスにする事は出来ます。

 

7割負けてもマイナスが少しであれば3割の勝ちのプラスの大きさで十分に利益を上げる事が出来ます。

 

そのために不可欠な事は、損を少なく、利益を大きくを忘れない事です。

 

損益が出たら即損切りしてそれとは逆に稼げる状況では出来るだけ大きくプラスにする事がFXをはじめたばかりの方が外国為替証拠金取引で利益を上げる極意といえる。

 



コメントする